非小細胞肺癌(NSCLC)の治療はステージⅠ、Ⅱの早期がんでは手術が原則です。

ステージⅢAでも手術が検討されます。

これらの場合でも放射線、抗がん剤が行われることがあります。

ステージⅢB、Ⅳの進行がんの場合は抗がん剤、放射線がメインとなります。


肺がんの手術は腫瘍のある部位によって違いますが、

原則としては腫瘍を含めた肺葉を切除し、所属リンパ節も切除(郭清)します。

中枢に近い場合は片肺全摘出を行うこともありますが、元々の肺機能が悪いと困難です。

部分切除といって、腫瘍と周りを切除するだけのことがあります。これを縮小手術あるいは姑息的手術といいます。

患者さんの状態が今一つのとき、高齢のとき、臓器機能が悪い時などに行います。根治は望めませんが、当面の延命目的で行います。


放射線は腫瘍局所に照射し、リンパ節が腫れている場合はリンパ節も含めます。

がんの大きさが大きすぎると放射線の副作用(放射線肺臓炎、放射線食道炎、骨髄抑制など)が出やすいので、全例に照射できるわけではありません。

その他、気管支にがんができて気管支を閉塞してしまう可能性があるときに気道開存目的で照射したり、上大静脈ががんで圧迫されて上半身の血流が滞るような場合に上大静脈が閉塞しないように照射したりすることがあります。骨転移がある場合、痛みのコントロール目的で照射することもあります。

脳転移がある場合、転移巣が小さい場合はガンマナイフという単回照射もあります。多数の脳転移がある場合、全部の脳に照射することもあります。


ⅢB、Ⅳ期の非小細胞肺がんは、手術不能であり抗がん剤が主体になります。

最近次々に新規抗がん剤が発売されており、治療には患者さんの特性を考慮した抗がん剤の選択が必要になってきています。

 

がんの側の要因でポイントとなるのは、

①扁平上皮がんか非扁平上皮がんか

②遺伝子変異(EGFR、ALK、ROS-1)があるか

③PD-L1の発現状況(遺伝子治療の適応かどうか)     

 

患者さんの側で考慮すべきは

①PS(パフォーマンス・ステータス)すなわち、元気かどうか。

②年齢

③臓器機能

④社会的背景(介護力、経済力など)     です。