COPD 慢性閉塞性肺疾患

Chronic Obstructive Pulmonary Disease


 

IMPACT試験について(2018.5.27)

 

COPDの治療薬は長時間作用性抗コリン薬(LAMA)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)といった気管支拡張薬がメインで、

吸入ステロイド(ICS)は喘息の関与が考えられる場合にのみ考慮しましょうというのが現在の主流です(GOLD2017, JRS GL第5版)。

 

そんな中、ICS/LAMA/LABA vs ICS/LABA vs LAMA/LABAの比較試験がNEJMに掲載されました。

 

1万人以上のCOPD患者さんにICS/LABA/LAMA(トリプル療法)、ICS/LABA、LAMA/LABAを割り付け、増悪率を比較したものです。

ICSはフルチカゾンフランカルボン酸エステル、

LABAはビランテロール、

LAMAはウメクリジニウムで、いずれもエリプタ吸入器を使います。

ICS/LABAはレルベア®、LAMA/LABAはアノーロ®という商品名で、

ICS/LABA/LAMAは発売準備中です(いずれもGSKの製品)。

 

結果は増悪率については

ICS/LABA/LAMAが0.91回/年と最も低く、

ICS/LABAが1.07回/年、LAMA/LABAが1.21回/年でした。

 

一方、肺炎のリスクについては

ICS/LABA/LAMAが7%/年と最も高く、

ICS/LABAが6%/年、LAMA/LABAが4%/年でした。

 

ICS/LABA/LAMAは、増悪に関しては有用だが、

肺炎リスクはICS/LABA, LAMA/LABAより多かったという結果でした。


COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDはタバコが原因の「肺の生活習慣病」です。

今後増加が見込まれ、早期発見、早期治療が必要な疾患ですが、

早期には症状が出ないためなかなか早期発見は難しいのが現状です。

ここではCOPDの基本情報についてまとめてみました。

 

【COPDのコンテンツ】

COPDの定義

COPDの病態

COPDの症状

COPDの治療

正しい吸入方法

COPDの早期発見のために

COPDの肺機能