「タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入暴露することで生じた肺の炎症性疾患である。呼吸機能検査で正常に復すことのない気流閉塞を示す。気流閉塞は末梢気道病変と気腫性病変がさまざまな割合で複合的に作用することにより起こり、通常は進行性である。臨床的には徐々に生じる労作時の呼吸困難や慢性の咳、痰を特徴とするが、これらの症状に乏しいこともある。」

 

つまり、タバコ煙が原因で肺に炎症がおこり、肺が破壊され(肺気腫)、末梢気道の閉塞がおこる進行性の病気ということです。

 

診断には肺機能検査で気流閉塞を証明する必要があります。